「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】新戦術が予想される?駿台学園の注目ポイント

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

どの選手も様々なポジションでもこなせるのが駿台の強み

だが、駿台学園ではそういった心配は必要ない。
普段から、各選手がどのポジションも出来るように練習を積んでいるからだ。前回の春高バレーの東亜学園戦でも、第1セットでミドルブロッカーだった伊藤とウイングスパイカーだった村山のポジションを丸ごと交換したり、第2セットでも、キャプテンの坂下を下げ、小出をウイングスパイカーとして起用するという大胆な采配をみせていた。
たとえ普段と違うポジションになっても、難なくこなすことが出来る選手たちがそろっている。ツーセッターといえど、彼らにとってはさほど難解な作戦ではないのかもしれない。データバレーに加えてこのツーセッターという戦術、どれだけ相手を翻弄することが出来るか、楽しみである。

おすすめの記事