「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

錦織圭が2大会連続で初戦敗退 サーブ精度と粘り強さの欠如が致命傷に

2019 4/23 07:00橘ナオヤ
錦織圭,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

巻き返せず4大会連続早期敗退

クレーコートシーズン最初のマスターズ1000、モンテカルロ・マスターズは、イタリアのファビオ・フォニーニのマスターズ初優勝で幕を下ろした。フォニーニは今季、クレーコートの大会で4連続初戦敗退を喫していたが、ここにきて調子を上げてタイトルを獲得した。

一方、ここまで4大会連続で早期敗退が続く錦織圭。第5シードで今大会に参戦したが、フォニーニのように敗戦続きから巻き返すことができず、この大会でも初戦敗退に終わった。

2018年大会では負傷明けの復帰戦として臨み準優勝。モンテカルロとは相性が良いと言われていたが、その期待は裏切られた。モンテカルロの前には、こちらも相性が良いとされたマイアミ・オープンで初戦敗退。2月のロッテルダム(ATP500)で準決勝に進出して以降、4大会連続で早期敗退に終わっている。相性の善しあしに関係なく、錦織のプレーは明らかに精彩を欠いている。

モンテカルロの2回戦、錦織の対戦相手は世界ランキング49位のピエール・ユーグ・エルベールだった。同世代のフランス人選手で、これまでの対戦成績は錦織の2戦全勝。粘り強さが武器で、楽な相手ではないものの、タイトルを狙う上でつまずいてはならないレベルの相手だ。

しかし、試合結果は1時間42分で0-2とストレート負け。エルベールは攻撃に工夫を見せ、また気迫も感じられた一方で、錦織は先に仕掛けるもののその精度はいまひとつ。武器であるはずのサーブの精度や粘り強さも感じられず、ジャッジミスでボールを見送ってしまったり、ラリーで早々に力尽きたり、集中を欠く場面が目立った。

おすすめの記事