「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大坂なおみ躍進の秘訣は「万能型」への急成長

2019 2/11 07:00田村崇仁
大坂なおみ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

全豪オープン初制覇で四大大会2連勝

テニスの四大大会、全豪オープンの女子シングルス決勝で21歳の大坂なおみ(日清食品)がペトラ・クビトバ(チェコ)に7-6、5-7、6-4で競り勝ち、初の頂点に立った。昨年の全米オープンに続き、四大大会2連勝の快挙達成で、世界ランキングは男女を通じてアジア勢初の1位に上り詰めた。「大坂時代」の到来を印象づける強さの秘けつは「万能型選手」に急成長するデータにも表れている。

サービスエース断トツトップの59本

全米制覇から数カ月で大きな進化が見られたのは破壊力抜群のサーブに加え、リターンの強さと速さにある。大坂は全豪オープンで7試合を戦い、サービスエースは合計59本で、出場選手の中で断トツのトップ。2位は準決勝で大坂に敗れた元世界1位のカロリナ・プリスコバ(チェコ)で37本だった。1試合平均でも8.43本で、プリスコバの6.17本を大幅に上回った。

サービスエース表,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA


ファーストサーブのスピード別に見ると、大坂は時速192キロで5位。199キロでトップのビーナス・ウィリアムズ(米国)には劣ったが、磨き上げた得意のサーブをワイド、ボディー、センターへと効果的に打ち分け、スライスサーブなど多彩な種類でも苦しい場面を切り抜けた。

おすすめの記事