「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【デビスカップ】中国相手に辛くも勝利。錦織に次ぐNo.2の底上げが不可欠

2019 2/6 11:00橘ナオヤ
西岡良仁,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

激闘を制し決勝大会進出を決める

最終戦は2時間47分というまさに激闘を制し、日本が世界に挑戦する切符を手に入れた。今年から新フォーマットに生まれ変わった男子の国別対抗戦デビスカップの予選が、2月1、2日に行われた。24カ国が参加し、ホーム&アウェー方式で行われた予選で、日本は隣国中国に辛勝した。

全豪オープンでフルセットの死闘続きだったエース錦織圭が不参加。とはいえ日本チームには西岡良仁、ダニエル太郎といったツアー優勝経験者に加え、2017年の楽天ジャパンオープンで優勝したマクラクラン勉・内山靖崇組も参加。中国はというと、ホームとはいえATPランク200位台や300位台の選手ばかりだ。元ジュニア世界1位の期待の若手ウー・イービンや、全豪本戦出場を果たした32歳のリ・ジェなど侮れない相手がいるが、それでもランキング順位で見れば日本が順当に勝利するとみられていた。

しかし一発勝負の戦いはやってみないとわからない。日本は総力戦の末、3-2とまさに薄氷の勝利で決勝大会進出をもぎ取った。日本勢が苦戦した理由は、一言にまとめるならアウェー会場の環境面、そしておそらくあったであろう慢心だ。

会場の広州オリンピックセンターのサーフェスはハード。メルボルンよりも球足が速くバウンドしないコートに、日本勢は手を焼いた。また中国勢はいずれもパワーヒッターで、ホーム戦ということもあり、サーフェスの特徴を生かして前へ前への積極的な攻めを見せた。日本勢は完全に勢いに飲まれてしまった。

おすすめの記事