「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「WTAファイナルズ」初挑戦の大坂なおみ、挑戦者からトッププレーヤーへ

2018 10/18 11:00SPAIA編集部
女子テニス,大坂なおみ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ファイナルズ初出場を果たし強豪の仲間入り

9月の全米オープンで優勝した大坂なおみは、10月13日時点のWTAランキングで自己最高の4位に輝いた。錦織圭、伊達公子と並ぶ歴代最高順位である。

上位8位以内の選手だけが出場できる「WTAファイナルズ」(以下ファイナルズ)への出場権をめぐる「レース・トゥ・シンガポール」でも4位につけ、初出場が確定した。日本人女子選手としては伊達公子、杉山愛に次いで3人目の快挙だ。

“ベイビーセリーナ”との愛称を持つ大坂。だが、セリーナ・ウィリアムズのような女王の座が約束されているわけではない。

グランドスラム優勝とトップ10入りを果たした大坂は、トップ選手たちにとって「挑戦者」ではなく、「互角の相手」となった。ライバルたちの見る目が変わったということは、しっかりと対策を練られるということ。これは、パワーと勢いでリズムを作ってきた大坂にとって大きな壁となる。この壁を超えなければ、セリーナのような“女王”にはなれない。

ファイナルズ出場選手たちの輝かしい実績

東レ・パンパシフィック・オープンで準優勝した大坂は、中国オープンで準決勝敗退に終わり、香港オープンを欠場した。次の大会は10月21日からのWTAファイナルズだ。

ポイント上位8選手が出場権を得られる同大会。現在行われているクレムリンカップで、9位につけていたキキ・ベルテンス(オランダ、3710ポイント)が敗れたことを受け、エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)とカロリナ・プリスコバ(チェコ)の出場が確定。これで全選手の顔ぶれが出そろった。

1位 シモナ・ハレプ(ルーマニア、6921ポイント)
2位 アンゲリック・ケルバー(ドイツ、5375ポイント)
3位 キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク、5086ポイント)
4位 大坂なおみ(日本、4740ポイント)
5位 ペトラ・クビトバ(チェコ、4255ポイント)
6位 スローン・スティーブンス(アメリカ、3943ポイント)
7位 エリナ・スビトリーナ(ウクライナ、3850ポイント)
8位 カロリナ・プリスコバ(チェコ、3840ポイント)
(ポイントは10月15日時点)

ポイントでは4位につけている大坂だが、5位以下にもかなりの強者がそろっており、ハードな戦いになることは間違いない。6位のスティーブンスはWTAランキングで最高3位につけたことがある実力者。昨年の全米オープンを制し、今年の全仏オープンでも準優勝を果たしている。8位のプリスコバもグランドスラム優勝経験こそないものの、WTAランキング1位の経験があり、侮れない存在だ。

おすすめの記事