「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニス選手フアン・マルティン・デル・ポトロの功績

2016 11/1 19:56
テニスコート
このエントリーをはてなブックマークに追加

デル・ポトロの怪我と復活

2009年の成績により、若手の中で最も期待されていた選手だったが、2010年に右手首の怪我で手術を受け、この年は試合ができなかった。しかし2011年には大会優勝は逃したものの、最終ランキングを11位まで上げ、ATPアワード・カムバック賞を受賞するほどの復活を遂げた。その勢いはその後も続き、2012年は全豪・全仏・全米オープンともベスト8に進出、オリンピックで銅メダルを獲得した。
2013年にはウィンブルドンでベスト4。快調と思われたが、2014年に左手首の手術を受ける怪我を負い、大会を欠場する年になった。2015年に試合に復帰するも、再度左手首の手術を受け、その後の大会を欠場した。

デル・ポトロの躍進

2度目の怪我に悩まされたが、彼の躍進はこれでは終わらなかった。ランキングが585位まで落ちるも、2016年にはATPツアートーナメント大会のデルレイビーチ・オープンで準決勝進出を果たし、再び復帰を果たした。そしてリオデジャネイロオリンピックにも出場し、1回戦では、前回のロンドンオリンピック3位決定戦の再現となる、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチとあたるも勝利。銀メダルを獲得した。

まとめ

怪我に悩まされながらもまだまだ続くフアン・マルティン・デル・ポトロの快進撃。今後も目が離せない。

おすすめの記事