「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

角界に異変アリ。2018年の大相撲を振り返る

2018 12/30 11:00橘ナオヤ
稀勢の里Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

大関昇進、栃ノ心の活躍が目立った前半戦

今年前半に活躍したのが、春日野部屋所属、ジョージア出身の栃ノ心だ。初場所では14勝1敗で自身初となる幕内総合優勝を達成。殊勲賞、技能賞の三賞ダブル受賞も果たした。

この活躍で関脇に昇進すると、翌三月場所でも二けた白星を挙げ、殊勲賞を獲得。五月場所では不戦勝を含め12連勝。12日目には白鵬から白星を挙げた。優勝は逃したものの最終成績は13勝2敗。再び敢闘賞と技能賞のダブル受賞を果たした。

3場所連続での二けた白星という成績を受けて、五月場所後には大関昇進が決定。春日野部屋からは実に半世紀以上ぶりの大関誕生となり、ヨーロッパ出身力士としては琴欧洲、把瑠都に続き史上3人目の大関となった。

今年前半の幕内は、日馬富士が引退し、稀勢の里や白鵬が休場続きだったため、栃ノ心ら番付上位の力士にとってチャンスだった。その機を逃さず3場所連続の二けた勝利を達成したのは見事。ただし、7月場所で途中休場してからはギリギリでの勝ち越しが続き、早速カド番も経験した。2019年は大関としての真価が問われる。

おすすめの記事