「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

相撲協会理事戦で散った貴乃花親方の思い

2018 3/2 17:45奏希01
貴乃花親方
このエントリーをはてなブックマークに追加

出馬の効果はあったのではないか

貴乃花親方が理事選で落選したことで、落胆した相撲ファンは少なくない。しかし、理事であるか否かを問わず、貴乃花親方は暴力事件をうやむやにしないのではないか。貴ノ岩が日馬富士から暴行を受けた際に、相撲協会ではなく警察に届けたことからも想像がつく。また理事という立場より、一親方の方が、理事に対して「ダメなものはダメ」と声をあげられるのではないか。

貴乃花親方が理事選に出馬したことは、暴力事件を抜きにしても大きな意味があるのではないか。というのも、ここまで自分の意見を述べた親方は、これまでいないからだ。
相撲協会の全てを敵に回しても自分の思い描いている相撲道を貫きたい、という思いが伝わった。彼は出馬を、相撲界を大きく変えるための一歩と考えているのではないだろうか。

おすすめの記事