「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と知られていない大相撲の年間スケジュールを見てみよう

2017 10/13 10:05跳ねる柑橘
sumo training
このエントリーをはてなブックマークに追加

【1月~2月】初場所と2つの興行

1月に明治神宮で「奉納土俵入り」の儀式が行われ、大相撲の一年は幕を開ける。その後大体1月半ばの15日間にわたり、両国国技館で開催されるのが一月場所だ。
一年最初の本場所ということで、初場所とも言われる。中日(8日目)には天皇皇后両陛下が観戦される「天覧相撲」が行われることが多い。ただし例外もあり、2017年には、初日に行われた。

2月には、節分の豆まき会のような部屋の行事が行われるほか、2月上旬の日曜日にフジテレビ主催の日本大相撲トーナメントが両国国技館で開催される。また毎年2月11日には、同じく両国国技館でNHK福祉大相撲という大会が催される。
取組みが行われるほか、相撲とは関係のない催しに力士が参加したり、女性歌手と力士が歌謡ショーを行ったりもする。

【3月~4月】角界も春真っ盛り

3月には舞台を大阪府立体育会館に移し、三月場所が行われる。大阪で行われることから通称大阪場所。会場は収容人数約8,000人と他の会場と比べると少し狭めなのだが、その分客席が土俵に近いのが特徴だ。また大阪場所に合わせて行われる新弟子検査には、一年で最も多くの志望者が訪れる。
新弟子検査は6回すべての本場所前に行われるが、受験要件に義務教育修了者というものがあり、中学卒業見込みの出た志望者が、卒業してすぐ入門しようと詰めかけるのだ。

三月場所が終わると春巡業が始まる。4月初頭に伊勢神宮で奉納相撲が行われると、そこから近畿、東海、関東の各地を巡業してまわる。多くの地方相撲ファンが力士と触れ合い、取組みを楽しむ。途中で東京に戻って行われる靖国神社での奉納相撲も、この時期の恒例行事だ。
さらに近年では、ニコニコ超会議が行われる幕張メッセに巡業で訪れ、「超会議場所」(幕張巡業)として、ネットメディアとの連携を見せるなどしている。

おすすめの記事