「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲・福岡場所のチケットを買って相撲を生で観戦しよう!

2016 11/8 19:20
相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡場所のチケットはインターネットで購入が可能

チケットはインターネットで購入することができる。
その際は、チケットぴあなどのプレイガイドにアクセス後、「スポーツ/相撲」をクリック。福岡場所(11月場所)のページに飛んだら、購入した座席の「詳細」ページにアクセス。必要枚数を選択して「購入に進む」をクリックするだけ。
ネットでの操作は非常に簡単なので、普段からパソコンやスマホの操作に慣れている方だったら、簡単に購入することができるだろう。
気になる料金の支払い方法だが、コンビニ払いやクレジット決済などを選択することができる。コンビニに行って支払い手続きをするのが面倒な方は、クレジット決済がおすすめだ。

チケットは全国でのコンビニでも購入することができる!

インターネットでの購入が難しい、という方は、全国のコンビニエンスストアで購入することができる。
その際、コンビニエンスストアに設置してあるチケット購入用の端末を操作する必要がある。
いろいろなボタンがあり操作が煩わしい機械になっているので、もし自身で購入までできない場合は、近くにいる店員さんに声をかけて操作方法を教えてもらえば問題ない。

相撲観戦の座席は3タイプから選べる

大相撲・福岡場所を観戦する際に悩むの座席だ。それぞれメリットやデメリットなどもあるので、タイプ別に分けておすすめしたいと思う。

「溜席(たまりせき)」…土俵から一番近く熱狂的な相撲ファンから人気の座席だ。座布団の上に座って観戦することができるが、観戦中に土俵から力士が転落してくる危険もあるため、お子さまや高齢者の方は購入できない。また、飲食や写真撮影はNGになっているので、純粋に間近で相撲を楽しみたい方におすすめだ。

「マス席」…溜席の次に土俵から近い座席だ。靴を脱いで座布団の上で観戦できるだけでなく、飲食や写真撮影も許可されているので、ゆっくり相撲観戦をしたい方に打って付けの座席と言えるだろう。

「イス席」…会場の2階の席のことを指す。靴は履いたままで、映画館にあるイスのようなタイプの座席なので、長時間座っていても疲れにくいだけでなく、肘置きやドリンクホルダーなどのついたタイプもあるので、快適に過ごすことができる。値段も安く、当日券だと2000円くらいで購入可能だ。気軽に相撲観戦を楽しみたい方にはおすすめの席だ。

まとめ

まだ福岡場所を生で観戦したことがないという方は、ぜひ福岡国際センターに足を運んでみて欲しい。

おすすめの記事