「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】攻守に隙なし!誠英高校の春高注目ポイント

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

林田とともにベスト6に輝いたヒックマン・ジャスティスに期待がかかる

ヒックマン・ジャスティス(3年)も、この誠英高校で大きく成長した選手だ。
もともとはレシーブ技術に長けた守備的な存在であり、このインターハイでもリベロの原田実和戸ともに、何度も相手の攻撃を凌いできた。だがこの高校で基礎をみっちりと叩き込またおかげか、次第にスパイクも上達していき、今では全国でも屈指の強力なアタッカーに。
林田とともに、このインターハイのベスト6にも選ばれるほどまでになった。多彩な攻撃と粘り強い守備を持ち味とする誠英バレーの象徴のような選手である。

セッター黒木の働きが春高のカギとなる

この2人以外でも、サウスポーの岡村南奈(2年)、インターハイ決勝でチーム最多の17得点を記録した吉田京香(3年)など、強力なアタッカー陣が誠英バレーを支えている。そうなると、やはりセッターである黒木夏希(2年)の働きが非常に重要になるだろう。
試合状況や選手たちの調子を見極め、誰にトスを上げるべきかを瞬時に判断できるかどうか、これが春高バレー制覇の鍵になってくる。
昨年の誠英には、世代別の代表に選ばれるほどの名セッター・鎌田咲希(現:日体大)が在席していたが、そんな先輩に追いつき、そして追い越すことは出来るだろうか。

おすすめの記事