「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大阪府のソフトボール強豪校を紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール 女
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪総体で優勝する強豪校「関西福祉大学金光藤蔭高等学校」

関西福祉大学金光藤蔭高等学校は大阪府大阪市生野区にある私立の高校。もともと女子校であった浪花女子高等学校が前身だが、現在は共学制となっている。クラブ活動に特化したトップアスリートコースがあり、香芝キャンパスには大きなグラウンド場やクラブハウスが用意されており、さまざまなスポーツ施設が充実している。
ソフトボール部は大阪総体で優勝するなど強豪校として知られており、2016年の私学総体でも優勝を飾るなど常に実力のあるチームだ。

赤いユニフォームが印象的な強豪校「四條畷学園高等学校」

大阪府大東市学園町にある四條畷学園高等学校は、施設内に幼稚園・小学校・中学校・高校・短期大学が併設されている学校だ。大阪の郊外にあるため周囲には緑があふれており、スポーツをする環境としては抜群のロケーションである。全国タイトル獲得数で最多を誇る、女子バドミントン部が全国的に有名だ。
赤いユニフォームが印象的なソフトボール部は、インターハイを目指し日々練習を重ねており、過去には私学総合体育大会で優勝するなど強豪校として知られている。

インターハイに出場した強豪校「大阪市立桜宮高等学校」

大阪府大阪市都島区にある大阪市立桜宮高等学校は、その名の通り市立の共学制高校。普通科だけでなく人間スポーツ科学科があり、スポーツについて多角的な視野で勉強ができる環境が整っている。
そのため部活動も活発で、バスケットボール部や水泳部などが全国的にも有名。ソフトボール部も2011年にインターハイに出場するなど強豪校として知られている。チームは結果だけでなくプロセスも大切にしており、正々堂々と大阪代表としてフェアプレーができるように心がけている。

まとめ

日本で人口第三位の大阪府にある、ソフトボール強豪校を紹介した。人口が多いということは、それだけ高校も多いということだ。大阪という激戦区で勝ち上がるために、高校生の選手たちは日々練習を重ねている。

おすすめの記事