「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

明治が大学ラグビーの覇権を握るのか 東日本大学セブンズから見る今シーズン

2019 4/18 11:00藤井一
イメージ写真,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

平成最後の大会で明治が堂々の3連覇

東日本大学セブンズ大会はその名のとおり7人制だが、昨年、明治が2連覇。それも選手たちの高い意識が感じられる優勝を飾ったことで、15人制の全国大学選手権でも明治が帝京の連覇にストップをかけ優勝するのではないかと予想した。帝京の連覇を止めたのは天理だったが優勝はその天理を破った明治と、結果的に予想は半分的中。そのような視点から今年も、大会を振り返りつつ新年度の大学ラグビー界を占ってみたい。

大会は明治が3連覇した。今年1月、22年ぶりに大学選手権を制したことが後輩たちにいい影響を与えているのだろう。各選手が自信を持ってプレーしていた。田中澄憲監督も「一人一人の勝ちへの姿勢がとても強く見られたのがうれしかった」と語った。

最大の山場は準決勝の帝京戦だった。明治は2点リードで前半を折り返したものの後半で帝京に逆転を許し7-10とリードされたままロスタイムに突入。そこでボールを手にした明治は驚異の粘りを発揮する。何度もフェーズを重ね、ハンドリングエラーをすることもなく約2分ボールをつなぎ続け、見事左スミに逆転のトライを決めて12-10と競り勝ったのだ。

決勝の対戦相手は準決勝で慶応戦に圧勝(41-10)した東海。この大会で優勝するには4試合を全勝しなければならず、準決勝から決勝までのインターバルは準決勝第1試合だった東海が約1時間、第2試合の明治は40分ほどしかない。

しかし、準決勝後半に大幅リードした東海大は決勝に備えて、中心選手を次々と控え選手と入れ替え(7人制は試合中に5人まで戦術的な選手交代が可能)、スタミナの温存を図ることができた。

一方、明治は準決勝で、帝京とロスタイムを含め、約16分(7人制は7分ハーフ)、中心選手が全力でプレーし続けなければならなかった。当然、疲労の蓄積は明治のほうがあると考えられたわけだが、決勝の明治は立ち上がりこそ東海にあっさりトライを奪われたものの、山崎洋之(4年生)のトライなどで逆転してからは常に明治ペース。終盤、息切れしていたのはむしろ東海のほうだった。

結局、東海の得点は開始早々の1トライに終わり、明治が25-5で堂々の3連覇を達成した。

おすすめの記事