「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

奥川恭伸、及川雅貴…春のセンバツで注目したいドラフト候補たち

2019 3/22 07:00勝田聡
甲子園球場ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

センバツ高校野球が23日に開幕

いよいよ3月23日からセンバツ高校野球が開幕する。すでに組み合わせ抽選も終わっており、開会式を待つのみ。今大会にも秋のドラフト候補が目白押しとなっているが、そのなかでも特に注目されている選手を紹介していきたい。

奥川恭伸(星稜高)

今大会、ナンバーワン投手として名高いのが星稜高校の奥川恭伸だ。現在、最も注目されているといっても過言ではなく、昨年は春夏の甲子園に出場しており、今回で3度目の出場となる。秋には北信越大会を勝ち抜き、明治神宮大会へと出場。決勝で札幌大谷高校に敗れはしたが、初戦の広陵高校戦で完封勝ちをマークしている。

最速150キロのストレートを持ち、昨夏は2年生ながらU-18日本代表にも選ばれた。先発ではなく中継ぎとしての起用だったが、2試合を投げ無失点と好投を見せている。すでにドラフト候補として知れ渡っており、今センバツの舞台でどんな投球をするのか楽しみな投手だ。

絶対的エースの及川雅貴(横浜高)

今大会に限らず高校生ナンバーワン左腕と称されているのが、横浜高校の及川雅貴だ。中学生時代にはU-15日本代表にも選出されていた逸材で、早くから球界関係者だけではなくファンの間でも知れ渡っていた。横浜高へ入学後は1年時から甲子園へと出場しており、今大会が3度目の大舞台。

183センチ・74キロと長身細身の体型から150キロを超えるストレートを投げ込む本格派。変化球はスライダーを軸としながら、相手打線を抑え込んでいく。多くの球団が及川をマークしており、ドラフト1位での指名を狙える存在。横浜高を率いる平田徹監督が「及川で優勝」とコメントするほどの信頼感があり、絶対的エースでもある。

清水大成(履正社高)

T-岡田(オリックス)、山田哲人(ヤクルト)そして安田尚憲(ロッテ)と、スラッガー候補の輩出が多い履正社高校。だが今年は、清水大成という左腕を軸に勝ち上がってきた。寺島成輝(ヤクルト)程のスケールはないものの、ドラフト候補として注目を集めている。

これまでに甲子園の経験はなく、今大会登板することになれば、これが初舞台となる。秋季近畿大会では、準々決勝で福知山成美高校を相手に、毎回12奪三振と大器の片鱗を見せた。150キロを超えるようなストレートはないが、140キロ台前半のストレートとスライダーで三振を量産する。

東妻純平(智弁和歌山高)

楽天や阪神などでプレーした中谷仁が監督を務める智弁和歌山高校は、西川遥輝(日本ハム)や岡田俊哉(中日)といった有力選手を輩出した名門校。今年、注目されている選手は東妻純平だ。兄の勇輔は昨年のドラフトでロッテから2位指名を受け、プロ入りを果たしている。

純平は兄と違い、捕手としてチームを引っ張っている。昨年は、正捕手として春夏の甲子園に出場し1回戦負けとなったが、春は決勝まで勝ち進んだ。惜しくも大阪桐蔭高校に敗れたが、根尾昂(中日)から安打を放った。

強肩・強打の捕手として注目されており、ドラフト候補にも名前があがる。今大会で昨年より上の成績を残すことで、さらなるアピールを行いたい。

石川昂弥(東邦高)

東邦高校には、「二刀流」として注目されている石川昂弥がいる。投手、三塁手、そして主将も兼任しており、まさにチームの中心的存在である。185センチ・81キロと体格に恵まれており、ドラフトの注目候補でもある。チームを率いる森田泰弘監督が、どのような起用をするのかも興味深い。

1位指名確実という選手ではないが、投手ではなく野手として可能性を感じる。昨春の甲子園では4番を任されたが、4打数無安打と結果を残すことができなかった。今回の甲子園ではリベンジを果たしたいところ。それがドラフトの順位を上げる近道となる。

おすすめの記事