「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

今年でセンバツ出場41回目 春夏101勝を挙げる龍谷大平安高校とは?

2019 3/24 11:00SPAIA編集部
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

平安のライアンこと高橋奎二

2014年春の選抜で優勝を果たした際の投手は、当時2年生の高橋奎二だった。高橋は2年生ながらエースとして3試合に先発。23.1回を投げ、わずか4失点の活躍で見事優勝に貢献。

足をダイナミックに上げるフォームはメジャーリーグで活躍したノーラン・ライアンを彷彿させ、「平安のライアン」と呼ばれて注目を浴び、一躍ドラフト候補となった。3年春の選抜では延長11回を投げたものの敗戦投手となり、連覇はならなかった。

夏は京都府予選で敗退したが、ヤクルトからドラフト指名を受け入団。昨年、一軍出場を果たした。

ヤクルト奥村展征の弟が在籍

2018年の秋季近畿大会で優勝した龍谷大平安は、センバツでも優勝候補として名前が挙がっている。注目は1年生の奥村真大。兄は2016年に相川亮二の人的補償で巨人からヤクルトに移籍した奥村展征である。秋季近畿大会では1年生ながら5番に座っている。兄に続いてプロ野球選手になれるか注目したい。

龍谷大平安高校は大会3日目の第1試合で津田学園(三重)と対戦予定。

おすすめの記事