「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

どんな展開にも対応できる青学の強さ 地力の差を見せつけた第50回全日本大学駅伝②

2018 11/16 07:00鰐淵恭市
駅伝ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

そして、2度目の三冠へ

青山学院大の逆転劇ばかりに注目が集まった今年の全日本だが、今大会を盛り上げた学校は他にもあった。いずれも過去最高成績をマークし、初のシード権を獲得した帝京大、国学院大、城西大の3校だ。

5位の帝京大は前評判通りの走りを見せた。特に1区の竹下凱(4年)は区間2位の走りで、大きく流れをつくった。6位の国学院大は1区で区間19位と出遅れたものの、中盤から終盤にかけてしぶとい走りを見せた。8位で最後のシード権の枠を勝ち取った城西大は、長距離区間の7・8区でともに区間5位に入ったことが大きかった。

これで今季の学生3大駅伝も正月の箱根を残すのみとなったが、このままいけば青山学院大の5連覇が濃厚な状況だ。史上初、2度目の三冠がいよいよ現実味を帯びてきた。

おすすめの記事