「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スピードスケート、平昌オリンピック~日本人注目選手5選~

2017 2/9 18:26
スピードスケート オリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本長距離、若手のホープ」一戸誠太郎

日本は、従来500mや1000mなどの短距離種目を得意としている。そんな中、長距離で期待されている選手が一戸誠太郎だ。
高校時代にはユースオリンピック5000m準優勝、1500m3位。大学はスピードスケートの本場、長野県の信州大学へ進学した。初出場となったインカレでは、5000m、10000m優勝と、日本の中・長距離界を代表する選手に成長した。 1996年生まれの若い選手なので、これからの成長にも期待だ。

「女子スケート界のエース」高木美帆

2010年のバンクーバーオリンピックで、日本選手史上最年少で出場して話題となったのが高木美帆だ。最年少出場から一転、次のソチオリンピックには出場できなかったが、2016年の全日本スプリント総合優勝をするなど、日本女子で今一番旬な選手だ。
得意種目は1500mだが、オールラウンダーなので、複数種目でオリンピック出場の可能性もある。さらに、平昌からの新種目「マススタート」では、昨年表彰台を経験していることもあって、メダル獲得が期待できそうだ。

「オランダでの進化」小平奈緒

小平奈緒は、バンクーバーオリンピック、団体パシュートの銀メダリストだ。ソチオリンピックでは、惜しくも500m5位とメダルを逃している。 ソチオリンピックの後は、スピードスケート発祥国オランダのプロチーム「Team continu」に籍を置いて活動している。オランダでの活動が実り、2014年、日本人では24年ぶりとなる500mW杯総合優勝を果たした。
これはメンタル面での成長が大きかったようなので、心技体が伴った今、平昌での結果に注目だ。

まとめ

今回は、日本人選手を紹介した。 加藤条治、長島圭一郎にとっては、もし出場することができれば、4度目のオリンピックとなる。 長野オリンピックの清水宏保以来となる「金メダリスト」が誕生するのか注目だ。

おすすめの記事