「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトボールでアンダースローが投げたい!初心者に上達のコツをご紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンダースロー上達のコツ「スピードよりもコントロール」

下半身と肩周りのインナーマッスルを鍛えたら、いよいよ投球フォームの上達のコツです。ご存じの通りソフトボールは通常の野球選手のような投げ方ではなく、下投げのアンダースローの投球スタイルです。そのため思っていたよりもスピードが出ずに、投球で力を入れてしまいコントロールが乱れがち。
まずは球速を求めずコントロールを重視しましょう。スピードだけではストライクはとれません。そのためコントロールの精度をアップするためには、一定のフォームで投げる練習をしましょう。最初はボールを実際に投げなくてもOKで、とにかく同じフォームを心がけましょう。フォームが体に身につくと、リリースポイントも安定します。キャッチャーがいない場合はボードなどにマークをつけて狙って投げる、ピッチング練習がオススメです。

アンダースロー上達のコツ「安定したら球速アップを目指しましょう」

フォームが安定してコントロールが可能になったら、次はいよいよボールのスピードを上げていきましよう。抜群のコントロールとスピードが合わされば、バッターを三振にできるチャンスがアップします。
アンダースローでの球速を上げるポイントは、体全体の力を集めるようなイメージでリリースすること。腕の回転とスイングのスピードを上げてみましょう。ここで基礎となる筋力が重要になってきます。安定するピッチングフォームと、筋力がスピードアップには大切です。

アンダースロー上達のコツ「球種を増やすために変化球を練習」

フォームが一定でコントロールが安定し筋力をつけて球速アップができたら、次は球種を増やすための変化球を練習しましょう。変化球にはスライダーやシュートにカーブなどさまざまな種類があります。
まずは最初にマスターしやすいスピードが落ちる球種の、チェンジアップをマスターしましょう。ボールの握り方は指を大きく広げ、わしづかみする感じで持ち、手のひら全体で押し出します。もっとも力を入れるのは親指と小指。バッターに球種を読まれては意味がないので、ポイントは通常のフォームと同じにすること。これはどの変化球を投げるときも同じです。

まとめ

ソフトボールのピッチング、アンダースローが上達するコツをご紹介しました。老若男女を問わず楽しめるソフトボールですが、スポーツには基礎となる筋力が大切です。しっかりと体を鍛えて、安定したフォームを目指しましょう。あとはビデオカメラやスマホなどで、自分のピッチングの動画をとるのもオススメ。上野由岐子選手と見比べれば、自分のウィークポイントが見つかるもしれませんよ!

おすすめの記事