「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトボールでアンダースローが投げたい!初心者に上達のコツをご紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jon Osumi/Shutterstock.com

北京オリンピックで金メダルに輝いたソフトボールで活躍した、世界一のピッチャーとして名高い上野由岐子選手に憧れてソフトボールを始めた人も多いのではないでしょうか。そこでソフトボールの投球法としてマスターしたい、アンダースローの上達のコツをご紹介していきます。

アンダースロー上達のコツ「まずは基本!下半身の強化」

投球フォームをマスターする前に大切なのが、基本となる肉体のトレーニング。とくにピッチャーは下半身の安定性が重要で、一定のフォームで投げられる筋力が必要です。どれだけ腕の振り方や投げ方をマスターしても、下半身が不安定であればコントロールできません。
まず簡単におこなえるトレーニングはランニング。コツはただ走るだけではなく、地面を力強く蹴って下半身の筋肉の動きをイメージして走りましょう。また日常生活でも鍛える方法があります。たとえば洋式トイレで小の場合は便座を使わないようにしてみたり、テレビを見るときなどに時間を決めて空気椅子のようにしてみましょう。最初はキツいですが徐々に慣れて筋力がついてきます。

アンダースロー上達のコツ「下半身の次は肩周りのインナーマッスル」

下半身を強化していよいよ投球練習……ではありません!筋力がつき下半身が安定性したら、次は肩周りのトレーニングです。一見すると簡単に投げられるように見えるソフトボールですが、実は肩周り筋力がないと故障の原因になってしまいます。またケガの予防だけではなく、肩周りの筋力があれば球速アップにもつながります。
そこでオススメがインナーマッスルを鍛える方法。“ローテーターカフ”と呼ばれる肩周りの筋肉を鍛えるためには、まず片腕の肘を胸の前にもってきて、もう片方の手で肘を胸に押しあてます。その姿勢を10秒から20秒ほど維持します。そして腕を反対にして同じようにします。それを何回か繰り返しましょう。インナーマッスルを鍛えるには強い負荷ではなく、ヨガのようなゆったりしたイメージが大切です。

アンダースロー上達のコツ「スピードよりもコントロール」

下半身と肩周りのインナーマッスルを鍛えたら、いよいよ投球フォームの上達のコツです。ご存じの通りソフトボールは通常の野球選手のような投げ方ではなく、下投げのアンダースローの投球スタイルです。そのため思っていたよりもスピードが出ずに、投球で力を入れてしまいコントロールが乱れがち。
まずは球速を求めずコントロールを重視しましょう。スピードだけではストライクはとれません。そのためコントロールの精度をアップするためには、一定のフォームで投げる練習をしましょう。最初はボールを実際に投げなくてもOKで、とにかく同じフォームを心がけましょう。フォームが体に身につくと、リリースポイントも安定します。キャッチャーがいない場合はボードなどにマークをつけて狙って投げる、ピッチング練習がオススメです。

アンダースロー上達のコツ「安定したら球速アップを目指しましょう」

フォームが安定してコントロールが可能になったら、次はいよいよボールのスピードを上げていきましよう。抜群のコントロールとスピードが合わされば、バッターを三振にできるチャンスがアップします。
アンダースローでの球速を上げるポイントは、体全体の力を集めるようなイメージでリリースすること。腕の回転とスイングのスピードを上げてみましょう。ここで基礎となる筋力が重要になってきます。安定するピッチングフォームと、筋力がスピードアップには大切です。

アンダースロー上達のコツ「球種を増やすために変化球を練習」

フォームが一定でコントロールが安定し筋力をつけて球速アップができたら、次は球種を増やすための変化球を練習しましょう。変化球にはスライダーやシュートにカーブなどさまざまな種類があります。
まずは最初にマスターしやすいスピードが落ちる球種の、チェンジアップをマスターしましょう。ボールの握り方は指を大きく広げ、わしづかみする感じで持ち、手のひら全体で押し出します。もっとも力を入れるのは親指と小指。バッターに球種を読まれては意味がないので、ポイントは通常のフォームと同じにすること。これはどの変化球を投げるときも同じです。

まとめ

ソフトボールのピッチング、アンダースローが上達するコツをご紹介しました。老若男女を問わず楽しめるソフトボールですが、スポーツには基礎となる筋力が大切です。しっかりと体を鍛えて、安定したフォームを目指しましょう。あとはビデオカメラやスマホなどで、自分のピッチングの動画をとるのもオススメ。上野由岐子選手と見比べれば、自分のウィークポイントが見つかるもしれませんよ!

関連記事

おすすめの記事