「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

福岡県のソフトボール強豪校をご紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール 女
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Barry A Mosley Photography/Shutterstock.com

大谷翔平選手がプロ野球で記録した165キロは驚きのスピードだが、実はソフトボールも引けを取らない。ソフトボール女子の最高記録121キロは、なんと体感速度170キロに匹敵するのだとか。今回はそんな速球を相手に日々頑張る、福岡県にあるソフトボールの強豪校をご紹介しよう。

全国大会出場の強豪校「福岡県立福岡中央高等学校」

通称“福中”と呼ばれる、福岡県福岡市中央区平尾にある福岡県立福岡中央高等学校。1898年から続く伝統ある公立学校で、もともと女子校だったが現在は共学となっている。
文武両道を掲げており体育部と文化部とも活発で、県内有数の部活動数を誇る。なかでもソフトボール部を含む4つの部活が強化指定されており、より熱心に部活動に力を入れている。2016年も春夏ともに連続で全国大会に出場しており、福岡きっての強豪校として知られている。

多くのスポーツ選手を輩出した強豪校「筑陽学園高等学校」

福岡県太宰府市朱雀にある筑陽学園中学校・高等学校は、学校法人筑陽学園が運営する私立の学校だ。中学校が併設されており中高一貫のクラスがある。サッカー部が全国大会に出場するなど部活動も活発で、多くのプロ野球選手やプロサッカー選手を輩出している。
赤いユニフォームが印象的な女子ソフトボール部も日々練習に励んでおり、2014年には福岡県高等学校ソフトボール新人大会で優勝、2016年の福岡県高等学校ソフトボール選手権大会では3位に入るなど活躍している。

あの有名選手も在校していた強豪校「福岡大学附属若葉高等学校」

福岡県福岡市中央区にある福岡大学附属若葉高等学校は私立の女子校である。トップアスリートを育成する進学体育コースがあり、スポーツが盛んな高校だ。
ソフトボール部は厳しい練習をこなすことでも知られており、全国私学大会での優勝や全国高校選抜大会の準優勝など数々の成績を残している。そして北京オリンピックで金メダルに大きく貢献したピッチャー、上野由岐子選手の出身校としても有名である。現在も全国高校総体に連続で出場するなど活躍しているチームである。

九州の頂点に立った強豪校「北九州市立高等学校」

福岡県北九州市戸畑区浅生にある北九州市立高等学校は、公立の男女共学制の学校だ。1963年に北九州市立戸畑商業高等学校として開校、2007年に現在の校名に変更している。
運動部や文化部ともに活発で、ダンス部は好成績をおさめるなど目覚ましい活躍をしている。ソフトボール部も2013年に開催された第47回九州高校女子ソフトボール選手権大会で、佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校と激闘を繰り広げ、見事初優勝を飾り九州の頂点に初めて立っている。

ソフトボール史上最年少の代表を生んだ「福岡県立小倉商業高等学校」

福岡県北九州市小倉南区富士見にある福岡県立小倉商業高等学校は、公立の男女共学の学校である。2016年には創立100周年を迎えた歴史のある商業高校だ。
過去にはプロ野球選手を輩出するなど、古くからスポーツが活発な高校として有名で、卓球部は2年連続で九州大会に出場するなど活躍。最近では2012年に当時在校していた岡村奈々選手が、史上最年少で女子ソフトボール日本代表入りするなど、ソフトボール部も強豪校として知られている。

まとめ

福岡県にあるソフトボールの強豪校を紹介した。あの北京オリンピックでも大活躍した上野由岐子選手も福岡県出身で、ちなみに冒頭でご紹介した最速121キロは、上野選手が出した記録だ。どんな選手が新たに出てくるか、今後も福岡県のソフトボール強豪校に注目しよう。

関連記事

おすすめの記事