「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

広島県のソフトボール強豪校をご紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール 女
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国地方でも強豪校として有名な「清水ヶ丘高等学校」

広島県呉市にある清水ヶ丘高等学校は私立の女子校。呉青山高校・中学校と隣接しており、学校法人清水ヶ丘学園が運営している。
コチラのソフトボール部は中国地方でも強豪校として有名で、中国高校女子ソフトボール選手権での優勝経験がある。また過去には元日本女子ソフトボール日本代表監督の宇津木妙子さんを招いて練習をおこなうなど、積極的な姿勢が特徴の高校である。2016年も広島県高等学校ソフトボール新人大会、そして広島県高等学校ソフトボール秋季選手権大会で優勝するなど活躍が続いている。

県大会で上位の強豪校「広島修道大学附属鈴峯女子高等学校」

広島県広島市西区ある広島修道大学附属鈴峯女子高等学校は私立の女子校。中学校も併設されており、設置者の学校法人修道学園は大学も運営している。
ソフトボール部は顧問の今村 章憲先生のもと、勝利を目指し日々練習を重ねている。2015年の広島県高等学校春季ソフトボール選手権大会では準優勝、広島県高等学校総合体育大会では3位に入るなど活躍。県大会では常に上位に顔を出す強豪校として知られている。2018年には新校舎も完成予定で、さらなる飛躍が期待されている。

スポーツの強豪校「広島文教女子大学附属高等学校」

広島県広島市安佐北区にある広島文教女子大学附属高等学校は、学校法人武田学園が運営する市立の高校。スポーツなどの部活動が活発で、とくにサッカー部は13年連続で全国大会に出場する強豪校として有名である。
そのためスポーツをするための環境が整っており、両翼70mに広がるソフトボールグラウンドも完備。そんな恵まれた環境のなかソフトボール部も日々練習に励んでいる。そして2016年広島県高等学校ソフトボール秋季選手権大会では、見事ベスト8まで勝ち進んだ。広島県高等学校ソフトボール新人大会では惜しくも一回戦で敗退してしまったが、今後の活躍が楽しみなチームである。

まとめ

広島県のソフトボール強豪校を紹介した。2020年には東京オリンピックも控えており、高校生たちのスポーツ活動も活発になってきている。きっと今まで以上にソフトボールにも注目が集まってくるのではないだろうか。

おすすめの記事