「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「究極のエリートサッカー」か「全欧参加の競争」か 欧州サッカーに今必要なものとは

2019 5/24 07:00Takuya Nagata
ナポリのデ・ラウレンティス会長とECAのアニェッリ会長Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

欧州サッカーの原点回帰

現在、欧州チャンピオンズリーグ(CL)を筆頭に、ヨーロッパの主要大会の改編に関する議論が熱を帯びているが、新たな大会フォーマット案を唱える人物が現れた。2018-19シーズンにイタリア・セリエAで準優勝し、2019-20シーズンの欧州CLに出場するSSCナポリ会長、そして映画プロデューサーという肩書も持つアウレリオ・デ・ラウレンティス氏だ。

デ・ラウレンティス会長がイタリアメディアに明かした案は、現在の欧州CLとヨーロッパリーグを廃止し、80チームが一つのフォーマットで争うというものだ。各国の出場クラブ数にも踏み込み、イタリア、フランス、イングランド、ドイツの上位7クラブとその他の国の上位4クラブとしている。

提案の理由として競争が十分ではなく、欧州CLがごく一部のクラブのためのものになり、いつも同じような顔ぶれの対戦ばかりでつまらなくなっているからだという。また、ヨーロッパリーグは欧州CLに出場できなかった中堅クラブが対戦する大会で、欧州の頂点を決めるわけではない。そのため、その存在意義を疑問視する声は長らくあり、デ・ラウレンティス会長は「残念賞」と表現している。

一方で、小国の主要クラブが欧州CLに出場する場合、それが予備予選であろうとも相当な熱の入れようで、本選出場を目指し盛り上がっている。その理由はもちろん、欧州頂点への道と繋がっているからだ。

また、デ・ラウレンティス会長は、新たな大会の名前は「ヨーロッピアンカップ」が相応しいとしている。元々欧州CLは、各国リーグ優勝チームがトーナメントで対戦する「ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ」、略して「ヨーロピアンカップ」という大会名で発足した。その後、参加クラブ数や試合数を増やし現在に至っている。新しい大会では、グループリーグが入るのか完全なトーナメント制になるかは不明だが、これは原点回帰ともいえる提案だ。

おすすめの記事