「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全てを失ったレアル、凋落の原因は“ロナウドロス”にあらず

2019 3/10 11:00橘ナオヤ
アセンシオ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

何もかも失った欧州王者

レアル・マドリーは1週間で何もかもを失った。コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)、ラ・リーガのクラシコを連敗し、国内無冠が濃厚に。そしてUEFAチャンピオンズリーグではラウンド16の2ndレグで、アヤックス(オランダ)に1-4で大敗し、2戦合計3-5で敗退が決定した。前人未到の3連覇を達成し、4連覇を狙っていたマドリー。その夢はオランダの古豪に打ち砕かれ、今季の無冠が決定的となった。

白い巨人はシーズン開幕当初からペースをつかめず、苦しんだ。絶対的エースだったクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)との離別は、チームに大きな影響を与えている。だがこの苦境の最大の原因は“ロナウドロス“ではない。

得点数は“バルサ-メッシ=マドリー”

ラ・リーガ第26節終了時点でマドリーの得点数は43。これはバルセロナの66点に次ぐリーグ2位の成績だ。バルサの場合リオネル・メッシが25得点と3割以上を占める。ロナウドがユヴェントスで19得点していることを参考にすれば、数字の上ではロナウド抜きのマドリーはメッシ抜きのバルサと同じだけゴールを決めていることになる。

もちろん、ロナウドが抜けた分の得点不足をカリム・ベンゼマとギャレス・ベイルがカバーできていない以上、昨季と比べて物足りないのは間違いない。だが、リーグ2位の得点数で「攻撃力が無い」とは言えない。攻撃のスケールダウン以上に深刻なのが、チームのレベルを維持できる中堅選手の不在と、それに伴う守備のもろさだ。

おすすめの記事