「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フランス復活とドイツ凋落、ヒントは規律と変化【2018年海外サッカー】

2018 12/30 15:00橘ナオヤ
ロシアW杯,フランス代表,ドイツ代表,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

王者の落日。あまりに不変だったドイツ

14年ブラジル大会で、サッカー王国ブラジルを7-1という驚愕のスコアで叩きのめし、決勝ではメッシ擁するアルゼンチンに勝利。ドイツらしい質実剛健で線の太いプレースタイルは残しつつ、ポゼッションサッカーを展開した。

変幻自在な動きで相手を翻弄したメスト・エジルやトマス・ミュラー、GKというポジションに攻撃参加やリベロ的役割を植え付け、革命をもたらしたマヌエル・ノイアーらは、これまでにないドイツの姿を見せつけた。さらに2017年のコンフェデレーションズカップでは若手中心で臨んで優勝。このまま世代交代も順調に進み、最強ドイツの時代が続くかと思われた。

だがヨアヒム・レーブは大きな刷新はしなかった。戦術はブラジル大会で称賛されたポゼッション重視のまま。新戦力を加えつつも、14年大会の主力9人を維持してロシア大会に臨んだ。その結果が初のグループステージ敗退。1勝2敗、僅か2得点という成績で大会を去った。

原因は「変わらなかった」ことだ。チームの中心はブラジル大会優勝の功労者たち。要である彼らが精彩を欠いていた。守備陣は守備では相手アタッカーに引きはがされ、攻撃の組み立てでも精度を欠きカウンターを招いた。守護神ノイアーは長期の負傷明けとは言え、かつてのような動きはみられない。彼の代名詞であるピンチを摘み取るプレーは見られず、むしろピンチを誘発するプレーが続発した。そして過去2大会で5得点を決めているエースのトマス・ミュラーは無得点に終わった。

彼らの不調の理由はいくつか言われるが、そのひとつにクラブレベルの停滞がある。主力の多くが所属するブンデスリーガのクラブ、特にバイエルン・ミュンヘンが、欧州レベルでは芳しい結果を出せていなかった。特にバイエルンは国内では敵なしだが、シーズン終盤に主力が負傷で離脱し、チャンピオンズリーグで志半ばに敗れるということを毎シーズン繰り返していた。今だから言えることだが、クラブレベルで擦り減っていく主力にかわる新戦力が、コンフェデ杯優勝時のメンバーから積極的に抜擢する必要があったということだろう。

4年前から磨きをかけてきたはずのドイツのポゼッションサッカーは、基本的な対策で攻略されてしまった。攻撃陣も加わってのハイプレスと、手数をかけないカウンターだ。

グループステージ初戦のメキシコや第3戦の韓国が、この教科書通りの対応でディフェンディングチャンピオンを破った。彼らのポゼッション重視のサッカーは、ブラジル大会の頃のような規律ある集団でこそ完成する。だがロシア大会でのドイツは、敗退後のエジルやエムレ・ジャンを取り巻く騒動からも明らかなように、かつてのような調和のとれたチームではなくなっていた。

選手の高齢化やプレースタイルの変化、そうした状況の移り変わりに合わせてチーム構造を変えられなかったために、グループステージ敗退という、王者の凋落に結びついたのだろう。W杯の悪夢の後、UEFAネーションズリーグでもグループB降格となったドイツ。2019年大きな変化が求められている。

おすすめの記事