「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

バルセロナとバイエルン 強豪クラブが直面する世代交代問題

2018 11/3 15:00橘ナオヤ
バルセロナ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

世代交代に苦しむクラブ、成功したクラブ

ヨーロッパの強豪クラブには優れた選手が揃い、完成されたスタイルがある。だがそれも永遠ではない。やがて選手は年を重ね、そのチームの哲学やプレースタイルを次の世代に継承させる、世代交代のフェーズがやってくる。

ドイツのバイエルン・ミュンヘンは世代交代が上手くいっておらず、スペインのバルセロナは来る世代交代を前に多くの課題を抱えている。一方で監督交代やプレースタイルの転換とともに世代交代をうまく進めたのがイングランドプレミアリーグのリヴァプールだ。

トップチームの平均年齢はバイエルンが26.6歳、バルサが25.8歳、そしてリヴァプールが26.4歳。数字だけを見るとあまり変わらないように見えるどころか、バルサが最も若い。課題となっているのは、年齢構成と若手の起用を巡る状況だ。

不調のベテラン揃いのバイエルン、夏の獲得は1人だけ

バイエルンは難しい状況にある。トップチーム登録の24人中10人が30代で、うち7人がレギュラー格だ。彼らはこれまで30代でも高いパフォーマンスを披露してきたが、今季はうまくいっていない。筆頭は34歳のアリエン・ロッベンと35歳のフランク・リベリーだ。2人はベテランになっても一級品のプレーを見せ、控えとの実力差は歴然。しかし以前からケガの多さを指摘され、今季もシーズン早々に負傷している。

またクラブ、代表で幾度もチームを救ってきた選手たちがここにきて不調に喘いでいる。守護神マヌエル・ノイアーを筆頭にマッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、トマス・ミュラーらドイツ代表はシーズン開幕後も不調続き。さらにW杯で期待外れのプレーに終わったポーランド代表ロベルト・レヴァンドフスキも、疲労やモチベーションの低下が否めない。

若手筆頭のキングスレイ・コマンも負傷離脱しており、不調のベテランからレギュラーを奪えないまま。主力の多くにクラブの功労者が揃っているせいもあってか、若き指揮官ニコ・コヴァチは低調な彼らに大ナタを振るえず、効果的な若手の起用ができていない。選手の年齢構成を考えれば世代交代に動いてもよいはずだが、クラブはこの夏動かなかった。夏の移籍市場で獲得したのは1月の段階で加入が決まっていたレオン・ゴレツカだけ。

動かなかった結果、ドイツでも欧州の舞台でも躓いてしまった。急な若返りは新たな躓きになりかねないが、来夏には動きを見せないと手遅れになりかねない。

おすすめの記事