「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新たなチーム作りに苦しむレアル。浮沈のカギ握る今冬の補強

2018 10/31 18:00橘ナオヤ
ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

エース(=ゴール)と指揮官(=自信)を失った白い巨人

レアル・マドリーが苦しんでいる。この夏、驚異的な得点能力と人気を誇ったスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドがクラブを去ったのだから当然だろう。当初から不安視されていた通り、彼を失ったレアルは得点力不足に悩まされている。サッカーではゴールネットを揺らさない限り、絶対に勝ち目はない。

第9節終了時点で、マドリーはリーガ・エスパニョーラで7位に甘んじ、得点数はわずかに13点だ。得点数ランキングでは4位タイ。1位のバルセロナの23得点、2位セビージャの20得点と比べると物足りない数字といえる。攻撃の原動力となっていたエースの抜けた穴は予想以上に大きかったようだ。

追い打ちをかけるように、監督ジネディーヌ・ジダンもクラブを去った。前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を果たし、選手としてのみならず監督としてもクラブの歴史に名を残したジダン。彼の後任フレン・ロペテギにはCL4連覇、リーガ優勝、そしてチームを勝たせ続けるという任務が課せられた。しかし、ジダンとは異なるタイプのロペテギは白い巨人の扱いに苦しんでいる。勝つことが遠のいている状況で、自信なさげにうつむく選手たちの顔を上げられずにいるのだ。

開幕当初はリーグ戦、CL予選ともに快勝を続け上々の滑り出しだったのだが、両コンペティションで既に4敗し、8時間超無得点という不名誉な記録も打ち立てた。

このような状況で迎えた敵地カンプ・ノウでのクラシコ、バルセロナ戦。1-5で大敗を喫し、監督ロペテギも解任されてしまった。このままでは昨シーズン同様、クリスマスを迎える前にリーガタイトルの行方が決まりかねない。過渡期に入った白い巨人は、多くの懸念を抱えたまま冬を迎えようとしている。

おすすめの記事