「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年ワールドカップロシア大会 グループHポーランド代表選手を紹介

2018 3/14 18:29跳ねる柑橘
ロベルト・レヴァンドフスキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

センターラインとサイド、どちらも盤石な中盤

中盤で見逃せないのは、ナポリ所属のジェリンスキだ。CFミリクとは、代表やクラブのチームメイトなうえ、年代も同じということもあって見事な連携プレーで相手チームを翻弄する。

ボランチのクリホヴィアク、FWレヴァンドフスキ、そしてCBグリクとともにポーランド代表チームの軸となる強力なセンターラインを形成している。このセンターラインを基本とするポーランドだが、サイドにもベテランのブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク)を筆頭に手強い選手が揃っている。

ブワシュチコフスキはドルトムント時代の香川真司と同僚で、抜群のコンビネーションで得点機を量産していた。代表でも巧みなドリブルで、サイドを駆け上がりクロスを供給する。

守備陣は強力な個の力を誇る選手が揃う

守備陣ではCBのグリクとパズダン(レギア・ワルシャワ)、SBピシュチェク(ドルトムント)に注目だ。グリクはキックの精度に定評のある選手で正確なロングフィードは、拮抗した試合展開を打開するための強力な武器となる。

パズダンは国内リーグの経験しかないが、果敢な守備が持ち味。EURO2016のドイツ戦では世界最強クラスの攻撃陣を抑え込み、マン・オブ・ザ・マッチを受賞している。

このドローの結果、ポーランドは史上初のEURO決勝トーナメント進出を果たした。ピシュチェクは右サイドバックを主戦場としており、ブワシュチコフスキらとともにサイドを切り裂いてくるだろう。

おすすめの記事