「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【通せんぼ】ネマニャ・マティッチという世界最高峰のフィルター

2017 11/10 12:24dai06
ネマニャ・マティッチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

マティッチが欲しい!モウリーニョの慧眼とユナイテッド

2016-17シーズン、チェルシーはアントニオ・コンテ監督を新指揮官に迎え、リーグを制した。 その活躍の裏ではエンゴロ・カンテ選手やセスク・ファブレガス選手の好調があり、マティッチは彼らの控えに甘んじることが多くなった。

この状況を見かねたのがモウリーニョだった。2017-18シーズン、モウリーニョはマンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)での就任2年目のシーズンを迎えていた。多額の資金を投じたユナイテッドは、モウリーニョたっての希望でマティッチもターゲットに入れていた。

結果的に8月に入ってすぐ、約58億円を支払いマティッチを獲得。かつての師弟関係が復活した。
モウリーニョ政権2年目のユナイテッドは質の高いサッカーを展開し続けている。やはり、就任2年目のジンクスは健在なのだろうか。
ルカクらモウリーニョが見込んだ選手達がゴールを連発するなか、マティッチら中盤や後方の守備も安定している。長らく不振に陥っていたユナイテッドは、このシーズンで復活を遂げるかもしれない。さすが、モウリーニョ、慧眼である。

願わくば3年目のジンクスにも別れを告げ、マティッチらと素晴らしい時間が続くことを期待したい。

おすすめの記事