「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【水色の戦士】セルヒオ・アグエロが築いたシティの伝説

2017 10/13 10:05dai06
セルヒオ・アグエロ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

グアルディオラ体制下でのアグエロとライバルの登場

アグエロはシティで背番号10を着用し、エースとしての地位を確立させた。前述の逆転劇により、シティサポーターはアグエロをクラブの象徴として担ぎ上げている。

ただ、2016-17シーズンから就任したジョゼップ・グアルディオラ監督(以下、敬称略)の下では、アグエロは絶対的な存在ではない。新しく獲得したブラジルの新星、ガブリエル・ジェズス選手はアグエロをベンチに追いやる活躍を見せ、グアルディオラの信頼を得ている。
また、ポゼッションサッカーを志向するグアルディオラは、選手間の連携やプレースタイルを研究し続けており、調子の悪い選手を無理に起用することはなく、常に様々な組み合わせを試している。自身が求めるサッカーを作り上げるために、選手をコンバートさせることもあった。

さらに資金力の豊富なシティはグアルディオラ指示の下、新戦力を次々と獲得しているため、アグエロのライバルはこれからも現れ続けると思われる。
しかし、アグエロは常に前を向いて走り、ゴールを奪う背中はとても頼もしく、今後もプレーレベルが落ちることはないだろう。

おすすめの記事