「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

最高の国産DF!ジョン・ストーンズのクオリティとキャリア

2017 8/3 12:07dada
ジョン・ストーンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重な国産DF!ストーンズの未来

プレミアリーグのクラブは、他のリーグのクラブよりも圧倒的な資金力を有している。 そのため、世界中のクラブから様々な選手を獲得しており、試合に出場する選手の顔ぶれも実に様々だ。 ヨーロッパ、南米、アフリカ、アジア、中東。様々な国籍の選手が活躍している。
そんな背景があっても、「国産」というキーワードの重要性、ブランド力を忘れてはいない。なぜならホーム・グロウン・ルールがあるからだ。このルールによりクラブには一定数以上の国産、つまり英国人選手がいなくてはならない。これは国内の選手を育てるためという意味合いもあるが、金満クラブが選手を買い漁ることを制限するという目的もある。
このことを踏まえると、ストーンズのような有望かつ、英国人の選手はとても貴重な存在なのだ。かつてのチェルシーが必死に彼のことを獲得しようとしたのも、こういった事情があってのことだ。
ストーンズは前述の通り、いまひとつブレイクできてはいない。しかし、クオリティが十分であることに疑いの余地はなく、貴重な国産DFだ。代表でのキャリアも順調に積み上げつつあり、これからも第一線での活躍が期待される。
ストーンズの明るい未来はまだまだこれから。始まったばかりなのだ。

おすすめの記事