「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全てを掴み取ったサッカー少年、ルイス・スアレス

2017 6/30 12:56dada
ルイス・スアレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

MSNはなぜ点を奪うことができるのか?

共存が疑問視されたMSNは、なぜこれほどまでに輝くことができているのだろうか。 その背景には、個々人のクオリティの高さがあるのは言うまでもないが、バルセロナに息づく「ティキ・タカ」の哲学が浸透しているからというのもあるだろう。
選手同士が細かなパスを積み重ね、ゴールへの道筋をいくつも作るのがティキ・タカだ。ポゼッションを意識しボールを奪われないことを至上とするが、少しずつ確実にゴールに迫っていく。決して誰か1人にボールを集約させるというわけではなく、常に複数人での連携を意識してボールを運んでいくのだ。
メッシ、スアレス、ネイマールの誰が決めても良い。それぞれがパスコースとシュートコースを保持し続けるように動くため、相手のマークにはバラつきが出る。そのバラつきを一瞬で仕留める。それが今のバルセロナのティキ・タカであり、MSNの強さだろう。
特にスアレスの場合、ダイアゴナルラン(斜めに走り込むこと)を得意とするため、エンリケ監督就任後から取り入れられた縦に速いサッカーにも、的確に対応することができる。
貪欲なスアレスは、これからも多くの得点と勝利を積み上げていくだろう。

おすすめの記事