「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017年】リーガ・エスパニョーラの注目選手を徹底解説!

2017 5/17 09:55dada
spain liga
このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れられた10番、アレン・ハリロヴィッチ

バルセロナにはアレン・ハリロヴィッチという将来を嘱望された逸材がいました。彼は10番としてのクオリティを持っていた選手で、細かで美しいドリブルスキルにショートパス精度も高く、創造性に溢れていました。バルセロナのティキ・タカの哲学に合致するとされ、メッシ2世とまで期待されていました。
しかし、バルセロナのトップチームではスタメンに定着できず、若さを理由に様々なクラブへ武者修行に出されます。2016-17シーズンにはドイツのハンブルガーSVへと移籍しますが、このクラブの警備員からは「見たことが無い顔だな、ちょっと待て」と呼び止められる始末。そのまま出場機会を得ることができず、冬の移籍でUD・ラス・パルマス(以下ラス・パルマス)へとレンタル移籍に出されます。
ラス・パルマスでは、マドリーやパリ・サンジェルマンFCで不遇の時を過ごしたヘセ・ロドリゲス選手と同僚になります。宿敵だったはずの両者はラス・パルマスで同じ目標に向かって歩むこととなりました。
他にはケビン・プリンス・ボアテング選手らも在籍しているだけに、ラス・パルマスが掲げる目標も大きくなってきています。1部残留は確実視されていますから、1部へ定着できるだけの土壌づくりと選手の育成に期待したいところです。

空中戦の王者!アリツ・アドゥリス

アスレティック・ビルバオ(以下、ビルバオ)というクラブはとても稀有な存在です。クラブに所属する選手は基本的に「バスク地方出身」というくくりとなっており、サポーターにはとてもなじみ深い地元出身の選手たちで構成されています。
そんな選手のうち圧倒的な存在感を放っているのが、アリツ・アドゥリス選手です。1981年生まれのアドゥリス選手はすでにベテランの域に達しています。空中戦においては敵なしで、これまでに多くのゴールをヘディングシュートで産んできました。2015-16シーズンにキャリアベストとなるシーズン20得点を達成。まだまだ現役であることを証明し、クラブのアイドルとして活躍しています。
2016年11月3日はELで単独5得点、愛娘の誕生、スペイン代表復帰などたて続けに嬉しいニュースを連発。一躍時の人となりました。あと1,2シーズンはピッチに立つ彼を観ていたいものです。

おすすめの記事