「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017年】リーガ・エスパニョーラの注目選手を徹底解説!

2017 5/17 09:55dada
spain liga
このエントリーをはてなブックマークに追加

MSNの控えに甘んじる天才、パコ・アルカセル

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)では、メッシ選手、スアレス選手、ネイマール選手からなるMSNが絶対的な存在となっています。スタメンにこの三人が揃うのは当たり前のことであり、これまでの多くのタイトルも彼らの創造性溢れるプレーの数々から生まれています。
アレクシス・サンチェス選手やペドロ・ロドリゲス選手らはMSNを前に退団を決め、2016-17シーズンの夏の移籍では期待のムニル選手を買い取りオプション付きで放出。控えのストライカーの確保が急務となりました。
そこにはまったのが、ムニル選手の放出先となったバレンシアCFのパコ・アルカセル選手でした。 アルカセル選手は味方からのパスに合わせることがとても上手い選手で、チャンスを逃すことのない選手です。 ただ、バルセロナ加入以降は単発的な出場機会しか与えられず、初得点は22節まで待たなくてはなりませんでした。
やはり、MSNに次ぐ第4のFWのポジションには大きな重圧がかかりますし、少しの機会で大きな結果を残さなくてはならないというタスクは大き過ぎます。おそらく今後もバルセロナは第4のFWを探し続けることになるでしょう。 アルカセル選手には移籍の噂がたっていますから……。

古巣復帰のアイドル!フェルナンド・トーレス

リヴァプールFCで大ブレイクし、チェルシーFCでは不発に終わった貴公子。フェルナンド・トーレス選手は、いくつかのクラブを放浪しながら、ついにアトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)に復帰しました。
アトレティコとはユース時代の付き合いであり、ファルカオ選手やアグエロ選手らと同じく、同クラブが輩出した偉大なストライカーの1人に数えられています。
キーパーとの1対1にめっぽう強く大量に得点を挙げてきたトーレス選手は、チェルシーFC加入以降は得点感覚を失うも、ポストプレーの上手い選手へと成長しました。行く先々でクラブのアイドルとして大いに愛されています。
2016-17シーズンの3月に行われたデポルティーボ戦では、相手選手と衝突しピッチに崩れ落ちます。一時は意識不明となりサポーターも選手も騒然としましたが、チームメイトの応急処置で意識を回復。命に別状はなく、SNS等で心配してくれたことへの感謝の気持ちを述べました。
彼のキャリアの終わりは確実に近付いていますが、多くの人に支えられ愛されてきた選手ですから、引退後のキャリアにも期待したいところです。それまではできるだけ長く、クラブのアイドルとしてピッチで活躍してもらいたいですね。

おすすめの記事