「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

コンフェデレーションズカップ~唯一ドイツが手にできないメジャータイトル

2017 5/1 19:13Aki
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jefferson Bernardes/Shutterstock.com

西ドイツ時代を含めると、FIFAワールドカップで優勝4回、UEFA欧州選手権で優勝3回と世界で最も強いチームの1つであるドイツ。そのドイツが唯一無冠のコンフェデレーションズカップ。 世界王者として初優勝を目指し、コンフェデレーションズカップ2017に挑む。

今大会最注目の世界王者ドイツ

各大陸連盟の強豪国チームが集まるコンフェデレーションズカップ2017。
今回、世界王者となるべく参加するドイツは、コパ・アメリカが2年連続で行われたこともあり、南米勢が有利なFIFAランキングではアルゼンチンやブラジルに次ぐ第3位(2017年3月9日発表)と今大会参加チームの中で最高順位。
ワールドカップ2014ブラジル大会の準決勝では、開催国のブラジルに圧勝し決勝ではアルゼンチンを下し、見事4回目の優勝を果たした姿は記憶に新しいだろう。

ユーロでは準決勝敗退も……

優勝候補の最右翼として参加したUEFA欧州選手権フランス大会では、グループリーグを首位突破し準々決勝のPK戦では苦手なイタリアに競り勝ったものの、準決勝で開催国フランスのアントワーヌ・グリーズマン選手が放った2ゴールを前に敗退となった。
だが、大会後も安定した強さを発揮し、2016年に行われた欧州選手権後のワールドカップ予選は4試合すべてに無失点・複数得点で完勝。フレンドリーマッチ3試合では、イタリア戦ではスコアレスドローに終わったものの、他の2試合はどちらも2-0で勝利しており、欧州選手権後は無敗だけでなく無失点と圧倒的な強さを見せている。

おすすめの記事