「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界が認めるWBの現役選手!プレースタイルとクラブでの役割とは

2017 4/12 20:20dada
victor moses
このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台変更後も抜群の攻撃力!ダニエウ・アウヴェス

ダニエウ・アウヴェスはスペインの名門FCバルセロナ(以下、バルセロナ)で長年活躍してきた選手だ。バルセロナでは右SBとして不動のレギュラーで、彼以外の選択肢はあり得ないほどだった。 2016?17シーズンからは活躍の場をバルセロナからユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)に移す。ユヴェントスでは3バックシステムを基本とし、両翼にはWBを置く。
アウヴェス選手は守備への貢献よりは攻撃への参加を得意とする選手だ。素早い駆け上がりとドリブル技術により、味方のサイドアタッカーをも抜いて前線に飛び出すことができる。シュート技術、威力にも定評があり、シャドーストライカーとしても機能する。
ユヴェントスではWBを置いても、その前にサイドアタッカーは置かない。そのため、やはりアウヴェス選手の攻撃参加は1つの攻撃パターンとして必要不可欠だ。
イタリアのサッカーは堅固な守備として有名だが、スペインからやってきたこの攻撃的WBであれば突破も容易いだろう。

伝説の再来か?!アレックス・サンドロ

ブラジル代表ではロベルト・カルロス選手が偉大な左SBとして非常に有名だ。スピード、パワー、テクニック、その全てに優れる彼は多くの選手にとっても伝説的な存在だ。
前項のアウヴェス選手と同じく、ユヴェントスで活躍するアレックス・サンドロ選手は、その伝説的左SBの後継者として活躍を続けている。
サンドロ選手は足元が抜群に安定しており、上半身が少々ぶれていても強烈なシュートを放つことができる。ドゥンガ元ブラジル代表監督もサンドロ選手を高く評価しており、「ロベルト・カルロスを思い起こさせる部分がある」としている。
セリエAのタイトル獲得、CL出場の常連であるユヴェントスで活躍を続けていくことができれば、サンドロ選手もその名を歴史に遺すことができるだろう。

おすすめの記事