「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【SSラツィオ】2016-2017シーズン徹底解説!

2017 1/25 10:28
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

相手によって戦術を変更する「リアクションサッカー」

開幕から第7節までの間、インザーギ監督は実に5つのフォーメーションを試しました。 第2節では、昨季王者ユヴェントスに対して0-1で敗れはしたものの、ポゼッション率では上回るなど、互角に渡り合っています。
しかし、若手選手が多いゆえに、ハードなマークに苛ついて突き飛ばしてしまい、イエローカードを受けてしまうなど、課題も多くあります。
それでも、第15節終了時点でもヨーロッパリーグ出場権の5位につけており、昨季よりも質の高いサッカーをしていると言えるでしょう。

元セリエA得点王の加入

2016-2017シーズンには、元セリエA得点王チーロ・インモービレ選手が加入しました。
インモービレ選手は、2014-2015シーズンにセリエA得点王に輝くと、翌年ドイツのボルシア・ドルトムントへ移籍。しかし、ドイツの環境へ馴染むことと、チームにフィットすることができず、苦しむシーズンを送ることとなりました。その後、わずか1年足らずでスペイン、セビージャへ移籍しますが、そこでも苦戦することとなりました。
2015-2016シーズン途中に古巣のトリノへ移籍すると、復調の兆しを見せ、イタリア代表へも復帰し、現在に至ります。
第15節終了時点で9ゴールをマークしており、シーズン途中ではありますが、チームの攻撃陣の要となっています。

攻撃陣の要フェリペ・アンデルソン

もう一人のラツィオ攻撃陣を支える選手が、ブラジル人のフェリペ・アンデルソンです。
2015-2016シーズン、リーグ戦で11得点10アシストを記録し、攻撃陣の要として活躍しました。昨シーズンオフにマンチェスター・ユナイテッドやユヴェントスなどビッククラブへの移籍がささやかれていましたが、ラツィオに残留しました。
何と言ってもスピードが持ち味の選手で、あのクリスチアーノ・ロナウド選手を彷彿とさせるトリッキーなドリブルも魅せます。
ラツィオがチャンピオンズリーグ圏内の3位に入り込むためのキーマンと言える存在でしょう。

まとめ

以上、ラツィオについてご紹介しました。 2016-2017シーズンのラツィオは若い選手が多く、また柔軟な戦術で魅力的なサッカーをしています。 勢いそのままに、チャンピオンズリーグ圏内の3位に入り込めるか。注目です。

おすすめの記事