「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アトレティコ・マドリードの概要と2016-2017を徹底解説!

2017 1/20 10:11
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016-2017シーズンはこうなっている!

アトレティコ・マドリードの2016-2017シーズンは、15節終了時点でリーグ6位。首位レアル・マドリードとは勝ち点12差となっており、タイトル獲得は難しそうです。 この成績は、エースであるグリーズマン選手の不調も原因となっています。グリーズマン選手は、2015-2016シーズンはリーグ38試合で22得点を記録しましたが、2016-2017シーズンは14試合で6得点。まだシーズン途中ではありますが、少々スロースタートな印象です。
グリーズマン選手は2016年夏にEUROに出場していたため、その疲労もあったのでしょう。その時、グリーズマン選手を擁するフランス代表を決勝で破ったのはポルトガル代表でした。
アトレティコ・マドリードのライバルであるレアル・マドリード所属のクリスティアーノ・ロナウド選手はポルトガルの代表でありエースです。CLとEUROと連続してタイトルを逃したグリーズマン選手。彼の心にのしかかったプレッシャーや落胆は大きかったことでしょう。

コケ選手が支える攻撃と守備

アトレティコ・マドリードを支えているのはMFのコケ選手です。主に中盤とサイドのポジションで起用される賢い選手で、機を見て前線に綺麗なパスを送り、危ないと感じれば素早くパスを回す察知能力。それらのコケ選手の持ち味はピッチの味方の攻守に緩急をもたらします。
アトレティコ・マドリードにとって、コケ選手は欠かすことのできない存在です。クラブの生え抜きの選手でもあり、サポーターやクラブのフロントから寄せられる期待も大きく、次代のキャプテン候補の一人でもあります。

アトレティコ・マドリードが目指す未来

アトレティコ・マドリードは2013-2014シーズンに、FCバルセロナやレアル・マドリードを抑えてリーグでタイトルを獲得しています。しかし、そのシーズン以前は約10年にわたってタイトルを獲得していませんでしたし、以降も「スペインの3番目」に甘んじている傾向にあります。
そんなアトレティコ・マドリードですが、チームの層は徐々に厚くなってきています。これまでに着実に補強を重ねてきましたし、若手選手の育成も盛んです。 このままのバランスを継続しつつ、グリーズマン選手に次ぐ優秀なストライカーを生み出すことが求められます。グリーズマン選手にかかる重圧を分散させつつ、見事得点を量産できればタイトル獲得は再びやってくるでしょう。

まとめ

アトレティコ・マドリードは着実な補強で成長を続けています。 グリーズマン選手やコケ選手、そして新たなストライカーが登場すれば、再びタイトル獲得を成し遂げることができるでしょう。 今後も彼らの活躍に期待したいところです。

おすすめの記事