「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

等々力陸上競技場へ行こう!オススメの楽しみ方5選

2016 9/23 11:08
川崎フロンターレ
このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスを調べましょう

等々力競技場は武蔵小杉の駅から、もしくは武蔵中原駅、新丸子から徒歩で向かうことができます。武蔵小杉からは徒歩20分ほどと少し遠めですが、バスも運行されています。試合当日2時間前からはシャトルバスも運行されているので利用すると便利です。その他、武蔵中原駅からは徒歩15分ほど、新丸子駅からも徒歩15分ほどです。
駅が近づくとたくさんのフロンターレカラーの方々が歩いているのでわかりやすいと思いますが、周辺にフロンターレサポーターがいない場合は少し道がわかりづらいかもしれません。あらかじめ川崎フロンターレ公式サイト等を見て調べてから向かうと良いでしょう。

等々力競技場を知りましょう

等々力競技場はかつてJリーグ開幕時にはJリーグ初期にJリーグを引っ張った存在であったヴェルディ川崎のホームスタジアムでした。1997年から川崎フロンターレのホームスタジアムとなり2チームがホームスタジアムとして使用してきましたが、2001年ヴェルディの東京移転に伴い川崎フロンターレのホームスタジアムとなりました。
22万人の署名を集め等々力競技場の全面改修を行うことを決定し、第一期として2015年までにメインスタンドの改修が行われ現在では26,530人の動員が可能なスタジアムとなりました。バックスタンドはピッチと同じ高さからスタンドが伸びており陸上トラックがあるものの同じ視点からピッチを観ることができます。

スタジアムグルメを調査しましょう

フロンターレのホームゲームでは、フロンパークというイベントやスタジアムグルメを楽しむことのできる場所が開放されます。その日のイベントを楽しむことはもちろん、スタジアムグルメを楽しむことができるので大変人気です。
川崎市にある相撲部屋のお相撲さんが作るちゃんこを食べることができたり、藤子不二雄ミュージアムに関連してドラえもんに出てくる秘密道具の暗記パンも食べることができます!その他、たくさんのスタジアムグルメが出店しているので、どのグルメを楽しむかを決めて等々力に向かうと良いでしょう。

まとめ

川崎フロンターレのホームスタジアム等々力競技場での楽しみ方を踏まえて、サッカー観戦が楽しくなることを願っております。愛情溢れるあたたかい川崎フロンターレの応援が響く等々力競技場が楽しい場所となりますように。

以上「等々力陸上競技場へ行こう!オススメの楽しみ方5選」でした。

おすすめの記事