「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋に現れた縦パスマスター ジョアン・シミッチ

2019 2/28 11:00中山亮
サッカーボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

風間戦術のキーポイントは「縦パス」

誤解を恐れずに言うとパスで最も重要なのは縦パス。理由は単純、相手ゴールへ向かっていくパスだからだ。

そして最も難易度の高いのも縦パス。相手が守っているところに向かってパスを出すからだ。

J1開幕節の9試合に出場した選手246人中、最も縦パスを出したの49本を記録した名古屋グランパスの8番ジョアン・シミッチだった。 「止める・蹴る」「目を合わせる」など独特な言葉で表現する風間監督のサッカーのキーポイントは縦パスだ。

昨季、最下位に低迷していた名古屋が8月に入り快進撃を見せるきっかけとなったのが、中断期間に川崎Fから加入したエドゥアルド・ネットからの縦パス。エドゥアルド・ネットとジョーやガブリエル・シャビエルらの前線の選手が「目を合わせ」同じスペースを認識し、そこに正確な「止める・蹴る」で縦パスを送ることで攻撃が加速し爆発的な得点力に繋がったのだ。

しかし今季開幕前にそのエドゥアルド・ネットが怪我で長期離脱。名古屋にとって難しい状況で開幕を迎える事になるかと思われたが、2月に入って獲得したジョアン・シミッチが開幕戦から大活躍。エドゥアルド・ネットの穴を埋める以上の存在感で、アウェイでの鳥栖との試合で0-4の快勝へと導いた。

おすすめの記事