「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Jリーグを支えるスポンサーを見ていこう

2016 9/2 21:22
Jリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カップ戦のスポンサーに!富士ゼロックスのサポートスタイル

「FUJI XEROX SUPER CUP」という名称を知っているだろうか。
「FUJI XEROX SUPER CUP」は、1994年から開設されたJリーグのカップ戦だが、これはスーパーカップスポンサーである富士ゼロックスのサポートにより開催されている。 金銭面だけでなく、大会を開催することでJリーグを盛り上げるというサポート方法もあるということだ。

自前のサッカーゲームを宣伝!?EAのサポートスタイル

Jリーグトップパートナーには、今年から海外企業であるエレクトロニック・アーツ(EA)も参入している。
何故、Jリーグに海外の企業が協賛団体として参入したのだろうか。 実はEAは、世界を代表するビデオゲームのソフトメーカーであり、世界中で大人気のサッカーゲーム「FIFA」シリーズを販売していることでも知られている。
この「FIFA」シリーズの最新作では、Jリーグのデータも搭載されるなど、日本での販売を視野に入れた体制を敷いているので、Jリーグのスポンサーになることで企業の知名度アップ加えてゲームの注目度上昇も目的にしているようだ。

スポンサーがあってこそのJリーグ!

以上のように、多くのスポンサーがJリーグにはついている。
当然お金を払うことと引き換えに企業PRの権利をもらいたいというビジネス的な意図があるものの、純粋にJリーグという多くの人に愛されているプロスポーツリーグを支えたいという思いも同時にあるのではないだろうか。
サポーターがJリーグを観戦することができるのも支えるスポンサーの存在があってこそなので、その点を頭に入れながらこれからの試合を観ていきたい。

まとめ

Jリーグの展開に、それを支えるスポンサーは欠かせない存在だ。
これからは、応援するチームやJリーグ全体のスポンサーにも注目して試合を見ると、また面白さが増すかもしれない。

おすすめの記事