「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【クラブW杯】鹿島vsレアル・マドリード、2年越しの再戦へ

2018 12/18 07:00中山亮
鹿島アントラーズ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

国際舞台でも魅せた鹿島らしさ

試合序盤の両チームからこの結果を想像できた人はほとんどいなかったのではないだろうか。

立ち上がりの前半3分にグアダラハラが鹿島の左サイドを完全に崩し、サルディバルのゴールで先制。

人への意識が強い鹿島の守備を逆手にとるようにCBや守備的MFを中央から動かし、そのスペースを使って攻め込んでくるグアダラハラの攻撃を、鹿島は全く捕まえられない。さらにボールを奪ったとしても守備で選手を動かされてしまっており、前線が孤立しているため、縦パスを入れられない。

北中米カリブ王者であり、メキシコ代表選手も多く所属するメキシコでも有数のビッグクラブ・グアダラハラに、鹿島は立ち上がりから圧倒されていた。もし前半にグアダラハラが2点目を奪っていたら、試合は決まっていたかもしれない。

しかし、GKクォン・スンテのビッグセーブや、昌子、チョン・スンヒョンのCBコンビが身体をはったプレーでカバー。さらに、無理にボールを取りに行かず一旦落ち着いて守る形を選択し、前半に追加点を許さなかったことが後半へと繋がった。

後半、鹿島は左SHのレアンドロを下げ、Jリーグベストヤングプレーヤー賞に選出された安部裕葵を投入。動かされているきっかけとなっていた左サイドをテコ入れし、中央でボール奪取力に優れたレオ・シルバ、永木が網を張る形の守備に変えると、徐々に鹿島ペースへと試合の流れが移り変わっていった。

49分にカウンターから永木のゴールで同点に追いつくと、69分にはセルジーニョがPK。84分には安部が「デル・ピエロゾーン」から鮮やかなシュートを決め3点目を挙げた。

終了間際にグアダラハラの猛反撃に遭うも、PKからの1失点に抑え3-2で勝利。鹿島らしい粘り強さと勝負強さを感じさせる試合運びで、北中米カリブ王者を下し準決勝進出を決めた。

おすすめの記事