「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京Vに立ちはだかったカテゴリの壁 J1ラスト1枠で磐田が残留

2018 12/10 11:27中山亮
サッカー,ⒸShutterstock
このエントリーをはてなブックマークに追加

早期の選手交代も戦局打開かなわず

後半に入り東京Vは梶川、ドウグラス・ヴィエイラに代えて渡辺、レアンドロを投入し前線を2トップ、中盤はアンカーに井上が入りその前に佐藤と渡辺が並ぶ3-1-4-2へと変更。

磐田が先制したことで東京Vが前半よりも少しボールを持てるようになったものの、勝負どころでインテンシティの強度の差でチャンスを作れず。後半唯一の決定機ともいえるレアンドロのシュートも磐田のGKカミンスキーがセーブした。

64分に東京Vはさらに李栄直を投入し4-4-2へ変更。この早い時間で交代枠を使い戦局の打開を図るも、80分には田口にFKを直接決められリードを広げられるとそのまま2-0で試合終了。磐田のJ1残留、東京VのJ1参入プレーオフ敗退が決定した。

ここまで劇的な勝利を重ねてきた東京Vだったが、この試合では磐田の前にほとんど何もさせてもらえなかった。

これまでの大宮や横浜FCとは異なり今季1年間J1で戦ってきた磐田には、東京Vの選手が普段体感していないJ1の壁がそこにあった。

おすすめの記事