「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京Vに立ちはだかったカテゴリの壁 J1ラスト1枠で磐田が残留

2018 12/10 11:27中山亮
サッカー,ⒸShutterstock
このエントリーをはてなブックマークに追加

J2・6位からの下剋上ならず

J1参入プレーオフにギリギリの6位で進出し、1回戦では5位の大宮を、2回戦では3位の横浜FCを劇的な勝利で下し決定戦に進出した東京V。しかし決定戦で対峙したJ1・16位の磐田には及ばず0-2で東京Vに敗れ、下剋上はならなかった。

磐田の布陣は4-2-3-1。J1最終節から全てのトレーニングを非公開としてこの一戦に向けての準備を重ねてきた磐田は今季多くの試合で3バックを採用していたが、この試合では4バック。さらにチーム内得点王の川又がベンチスタートで1トップには小川を採用。大久保がトップ下に入り左SHには怪我で長期離脱していたアダイウトンを起用してきた。

一方の東京Vは、磐田の出方に対応できるように3バックでも4バックでも対応できるメンバーとなっていたがキックオフ時の布陣は3-4-2-1。1トップにドウグラス・ヴィエイラ、シャドウに林と佐藤。中盤のセンターに井上と梶川が入るJ1参入プレーオフ2回戦横浜FC戦の流れを汲んだ形である。

おすすめの記事