「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

松本の初優勝でJ2全42節が終了、その結果決まったのは…

2018 11/19 17:00中山亮
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

大混戦のJ2最終節

最終節を前にして優勝チームだけでなく、自動昇格枠の2位以内が確定しているチームすら1つもないという大混戦となった2018年のJ2。

最終節の結果次第で優勝及び自動昇格圏に入る可能性を残していたのは、第41節終了時点で、1位松本、2位大分、3位町田(J1ライセンス未取得のためJ1昇格は不可)、4位横浜FCの4チームまで。プレーオフ進出枠となる6位以内の可能性を残しているのは、5位東京V、6位福岡、7位大宮となっていた。

迎えた最終節。1位松本は徳島と引き分けたものの、2位大分も山形と、3位町田も5位東京Vと引き分けに終わったため、松本が首位を守りきりJ2初優勝を飾った。さらに大分も2位となりこの2チームのJ1自動昇格が決定。

4位横浜FCは甲府に勝利し3位、4位には町田、プレーオフ圏外にいた大宮が岡山に勝利しプレーオフ圏内となる5位。東京Vが6位となり、プレーオフ圏内ギリギリにいた福岡は岐阜と引き分けたため、プレーオフ圏外となる7位転落という形で順位が確定した。

松本は4シーズンぶり2度目のJ1昇格。大分は2015年入れ替え戦で町田に敗れたためJ1経験クラブとして初のJ3リーグ降格となったが、今回の昇格で同時にJ3経験クラブとして初のJ1昇格も決めた。

首位松本が勝ち点77で、2位大分から4位町田までが松本からわずか1差となる勝ち点76で並び順位を分けたのは得失点差だ。

5位大宮と6位東京Vも勝ち点71で並び順位を分けたのも得失点差だった。最後の最後にプレーオフ圏外に落ちた福岡と東京Vとの勝ち点差もわずか1。1年間42試合を経た差がわずかこれだけというのも記録に残るシーズンだったと言えるだろう。

また、首位松本が奪った勝ち点77はJ2が22チームとなった2012年以降の首位チームでは最少であり、前年の降格チームが自動昇格枠に入ることができなかったのも2012年以降で初となった。

おすすめの記事