「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

湘南がルヴァンカップ初優勝 湘南の嵐に飲み込まれた横浜FM

2018 10/29 17:15中山亮
ルヴァンカップ決勝,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

先制点がより重要となるカップ戦決勝

後半に入ると湘南のプレッシングが弱まったことで、横浜FMは前半から見せていたインサイドハーフがサイドに流れる動きからWGに展開する場面も増えていく。

しかし、素早くアタッキングサード(※)までボールを運んだとしても、湘南の3バック+2人のボランチが中央を締めているためシュートの形までは作れず。また、遅攻になると湘南は2人のシャドゥをサイドに下げた5-4-1の形で横浜FMが狙う5つのレーン全てに選手を配置する人海戦術で対応した。

※ アタッキングサード:ピッチを3分割して、最も相手ゴールに近いエリアのこと

終盤、横浜FMは左肘骨折から復帰した伊藤翔まで投入し猛攻を仕掛けるが、ネットを揺らすことはできず。湘南が前半の1点を守りきり、ルヴァンカップ初優勝を手にした。

サッカーでは、先制点を奪ったチームが7割近い確率で勝利するというデータがあるほど、先制点が試合に与える影響は大きい。それは一発勝負のカップ戦ではより顕著となる。

ルヴァンカップ(旧ナビスコカップ含む)決勝でもこの傾向ははっきりと表れており、昨年まで25回行われた決勝戦のうち0-0だった3試合を除く22試合中19試合で先制したチームが勝利を収めており、逆転勝ちはわずか3試合しかない。

今回の決勝でも、湘南が前半から繰り広げた嵐のようなプレッシングにより先制点を奪ったことが勝敗を分ける大きなポイントとなった。

おすすめの記事