「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

J1史上最も過酷な残留争い 勝ち点10差以内に下位9チーム

2018 10/16 11:00中山亮
サッカーボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

過酷な残留争いで最下位チームの勝ち点記録も更新

2018年の明治安田生命J1リーグも第29節を終え、延期分を抱えているチーム以外は残り5試合となった。

今季の残留争いは史上稀に見る大混戦となっているが、第29節終了時点で最下位の長崎が勝ち点28。J1が18チームになった2005年以降、最も多くの勝ち点を獲得した2009年の最下位チーム千葉の「27」を既に越えている状況だ。

J1史上最も過酷な残留争いとなっている今季だが、過去最も高かった2012年のJ1残留ライン、勝ち点39を超えることはなさそうだ。

例年であれば早々に降格が確定してしまうチームが1つはあり、残り2枠をかけいくつかのチームで残留争いに突入するのだが、今季は最下位の長崎もまだ残留の可能性が十分ある状態。

さらに最下位長崎から勝ち点10差以内にリーグの半分にあたる9チームがひしめきあっている。

残留争いに関わる10位の横浜FMから18位長崎の残り試合の半数以上となる26試合が、10位以下のチーム同士で勝ち点を奪い合うことになるからだ。

それでも今季の残留争いが厳しいことに変わりはない。

おすすめの記事