「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

Jリーグ最大のビッグディール!イニエスタ&トーレス獲得の影響力

2018 8/2 07:00SPAIA編集部
アンドレス・イニエスタ,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

イニエスタ&トーレス!Jリーグ最大のビッグディール

アンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスのJリーグ挑戦は非常に大きなニュースとなった。

前者はFCバルセロナ一筋で、後者はリヴァプールFCやチェルシーFC、アトレティコ・マドリードなどで活躍し、プレーの質の高さ、キャリアの充実度は申し分ない。

どちらの選手も中国やアメリカ行きが噂されていた。しかし彼らのハートを最終的に射止めたのはJリーグ……!この2人の獲得は近年のJリーグ最大のビッグディールだ。

影響1,得点力以外の重要性を見せ、気づかせてくれる

近年のJリーグではディエゴ・フォルラン(2014年)、ビクトル・イバルボ(2017年)、ルーカス・ポドルスキ(2017年)などの外国人選手を獲得してきた。彼らはいずれもゴールに迫ることに特化しており、Jリーグで求められたのは得点力だ。

しかし、イニエスタとトーレスは彼らとは異なる。リヴァプール時代のトーレスは得点力を爆発させたが、その後はポストプレーの質を高め味方のスペースをつくるようになる。中盤で黒子としてプレーを貫いたイニエスタは、自身のエゴを極限まで押し殺しゲームをつくり続けた。メッシの活躍も、彼なしではなかったのかもしれない。



得点力で魅せるのではなく、味方を活かすプレーで魅せるのが彼らのスタイルなのだ。得点力を活かす選手が与える影響力は限られている。しかし、この2人が見せるビジョンは他の選手にも伝播する。

どこでボールを受けドリブルをすれば、味方のためのスペースが空くのか。どこへパスを出しフリーランすれば、相手のラインコントロールを崩せるのか。そうした1手、2手先を考え読む重要性を”気づかせる”のが、イニエスタとトーレスだろう。

サガン鳥栖やヴィッセル神戸の同僚、そしてこの2選手と対戦するすべてのJリーガーは大きな学びを得る。

おすすめの記事