「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柏レイソルの象徴となった背番号9番

2017 11/10 12:24Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

受け継がれた9番

柏レイソルは、その後2009年にも主力選手が多く怪我で離脱したことをきっかけにJ2に降格してしまうこととなるのだが、北嶋氏が在籍していた時期はチームが崩壊してしまう様なことはなかった。
その結果、2010年にはJ1復帰し、2011年には即優勝という快挙に繋がったのだろう。

背番号9番は、その後下部組織出身の工藤壮人選手へと引き継がれ、ポルトガルのスポルティング・リスボンから復帰した田中順也選手が背負った。
工藤選手は北嶋氏が退団した後、チームの責任を背負う覚悟を持って9番を自ら志願。田中順也選手も、自分にプレッシャーをかけたいとしてこの9番を志願したという。
クラブや選手、そしてサポーターにとっても、背番号9番はもはや特別な番号なのだ。
現在はブラジル人ストライカーのクリスティアーノ選手が9番を背負っている。下部組織出身のチームの中心となるストライカーが誕生した時、その選手の背中に9番が与えられる事になるのだろう。

おすすめの記事