「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

清水エスパルスの10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
IAIスタジアム日本平
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーIQの高いマルチプレーヤー、河井陽介

小林大悟の10番を引き継いだのは静岡県藤枝市出身の河井陽介だった。藤枝東高校時代は高校サッカー選手権で準優勝という経歴を持ち、その後慶応大学に進学し清水エスパルスに加入する。
10番を背負ったのは2年目のシーズン。これまでの10番と異なり派手なプレーは少ないものの、当時清水エスパルスの監督だったゴトビ監督から「非常に賢く、試合を読める選手」と評されたサッカーIQの高い選手。元々は攻撃的な選手だが、守備的なポジションでも苦なくプレーすることができ、サイドバックとしても質の高いプレーを見せていた。

現在の清水エスパルスを引っ張るチームの顔、大前元紀

現在、清水エスパルスで10番を背負う大前元紀が清水エスパルスに加入したのは2008年。今から9年前の事だ。完全にチームの主力となったのは岡崎慎司と藤本淳吾が移籍した2011年から。一気に若手が多くなったクラブの中心選手として両サイドからスピードを活かしてゴール前に侵入するプレーで岡崎らが抜けた穴を埋める活躍を見せた。
その活躍が認められドイツのデュッセルドルフに移籍。しかしそのシーズンでチームは降格してしまい夏に清水エスパルスに復帰する。背番号10を背負うことになったのは復帰後2年目のシーズンから。以前は期待の若手という立場だったが復帰後はチームの中心としての自覚も芽生え、現在はJ1復帰を目指すチームのキャプテンとしてプレーしている。

まとめ

清水はサッカー王国としてのプライドもある地域。そんな中で10番を背負うのは生半可な覚悟ではプレー出来ない。しかし5代目10番を背負う現在の大前選手はキャプテンにもなりその覚悟を十分感じられるプレーを見せている。
今シーズンは大前選手の活躍に期待できるのではないだろうか。

おすすめの記事