「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

セレッソ大阪の10番を背負ってきた名選手5人

2016 8/13 15:01
number 10
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンチャ小僧、大久保嘉人

日韓ワールドカップが行われた2002年はJ2で戦っていたセレッソ大阪。日本代表のスケジュールとJ2はリンクしておらず、リーグ戦では中心選手の森島と西澤を欠く試合も多くあった。
そんなシーズンにブレイクしたのが、現在川崎フロンターレでJリーグ歴代最高得点を更新し続けている大久保嘉人。当時プロ2年目の大久保嘉人の活躍によりJ1復帰。そして翌3年目の2003年、自他共に新しいエースとなった大久保嘉人は背番号10番を背負った。
この2003年は、得点ランキングで日本人最多となる16点を記録。そしてアジア最高の若手選手としてアジア年間最優秀ユース選手賞も獲得、さらにはフル代表デビューも果たし、日本中に大久保嘉人の存在を知らしめるシーズンとなった。

現在10番を背負う、ブルーノ・メネゲウ

J1復帰を目指して戦っている今シーズン、10番をつけているのはブラジル出身のブルーノ・メネゲウ。
中国の大連から加入した新加入選手。左サイドハーフに入り、サイズはないがテクニックと馬力を兼ね備えたドリブルでボールを運び、時には最終ラインの裏への飛び出しも見せる多彩なプレーでチームの攻撃を活性化。
また、セットプレーのキッカーも務めており、開幕戦ではコーナーキックから決勝ゴールをアシストするなど、シュートだけでなくラストパスを出せる選手でもある。

まとめ

セレッソ大阪では森島寛晃に始まり、香川真司、清武弘嗣、そして現在柿谷曜一朗がつける8番が偉大な番号となりすぎているので、10番に注目される事はあまりないが、振り返ってみると10番は外国人選手をはじめ数多くの個性的な名選手が背負ってきた番号でもある。
10番をつけた選手の活躍が直接チームの成績に結びついているので、8番よりも10番を振り返る方がその時のチーム状況を表しているかもしれない。 今シーズンは10番をつけるブルーノ・メネゲウの活躍に期待しよう。

おすすめの記事